ぴーにゃん

雑記系ブログΣ(・ω・ノ)暇を持て余す大学生の一休み。思考整理、日記、本のおすすめ、などをまったり更新していきます。本を読む方、大学生と仲良くなりれたら嬉しいです。

逃げる恥だが役に立つ 『ハグの日』ハグの効果

皆さん、最近話題になったドラマである

『逃げる恥だが役に立つ』を観ましたか?

独身プロで結婚願望0の男性とバリバリキャリアウーマの女性が世間体を気にして、契約結婚をする話です。

家庭という企業を夫婦で共同経営していくような話で、夫は妻に家事の報酬を与えて、妻は賃金をもらい家事をします。

初めは2人のぎこちない関係も、時間が経つにつれて本当の恋人同士のように仲良くなります。

そこで、仲良くなる方法として設定されたのがハグの日です。笑

毎週火曜日にハグをするというルールを作りました。(ハグの日は8.9で実際にあります。笑)

前置きが長くなりましたが、今回はハグの効用について説明していきます。

◎βエンドルフィンを分泌して幸福感を感じる!

エンドルフィンは幸福ホルモンと呼ばれています。ハグすることで、モルヒネの数倍もの鎮痛作用があるとも言われます。

◎免疫力が上昇する

免疫力があがり少々の体調不良なら治してくれるかもしれないです。また不眠症の改善にもつながります。

◎ストレス改善

30秒のハグで1日のストレスの3分の1が解消されると言われています。

ハグの効果が良いことづくしで驚きです。

さあ、ハグの日を設定しよう!!笑

『一瞬の風になれ』この本より最高な小説を読んだことがない。

今日は、僕が一押しの本を紹介しようとおもいますΣ(・ω・ノ)ノ

 

 

余談なのですが、僕は中学校の時は、陸上部に入っていました!

 

専門種目は長期距離で、陸上部をやっていた方なら分かると思うのですが

毎日夕方に死ぬほど走らされていました。

 

グランドを20週は当たり前、ビルドアップといて、終盤につれて

走るタイムを短くしていきます。

 

これがもう地獄の苦しみでしたね。。

今思うと良くあんなに走っていました。ドM時代ですね~(笑)

 

なぜこんなどうでもよい話をしたのかというと、

感の良い方ならお判りでしょうか。

 

そうです!今回お勧めする本は、陸上部を話題とした本なんです。

 

先に言っておきますが、最高に面白いです。←ほんとかよ。

自分の中でTOP3に入る本です!!←騙されたと思って読んでみて。

 

では紹介しようと思います~

 

 

『一瞬の風になれ』佐藤多佳子 全3巻

 

 

陸上競技に高校生活をかけた高校生が陸上部に入り、

チームメイト、ライバルと一緒に青春をかけて成長していく話です!

とにかく熱い、面白い。

 

『神谷 新二』は、幼いころ頃から中学校までサッカーをやっていたが

それほど上達せず、高校でサッカーを続けるか悩んでいた。

 

そんな時、親友で幼なじみの『一之瀬 連』から陸上部に誘われる。

←「いちのせ、れん」って名前かっこよすぎだろ。中学時代に神童と呼ばれ、中学2年生で全国大会で7位になる程の実力。普段はのんびりでマイペースなこいつが試合になると超はやい!ギャップがかっこいいです。一押しキャラ。

 

この『神谷』が陸上部に入る過程が興味深いΣ(・ω・ノ)ノ

 

高校の体育の授業で、『一之瀬』と『神谷』が一緒に50m走のタイムを計ることになる

 

一之瀬『思いきり走れよ。お前速いんだよな。』

 

神谷『速いよ。わりと。勝負しよう。』

 

神谷はサッカーを6年以上にやっていたので、脚力には自身があったようですが

やはり天才の『一之瀬』にはかなわず、背中を追うことしかできました。

しかし、真剣勝負の中で『神谷』は予想以上の速さを見せ、走る楽しさを学びます。

 

神谷『お前陸上部入れ。嘘だろ。走んなきゃ?』

 

一之瀬『新司も走る?』

 

こうして二人は陸上部に入ることになる。

 

この本は本当に大好きで何回も読み直しました。

 

出てくるキャラクターが個性的で各々が魅力を持っています!

 

優勝候補筆頭、鷲谷高校の怪物『仙波 一也』

←一之瀬と神谷のライバル。短距離走の怪物、ハードボイルド。

 

おっとり、マイペースで神谷が恋してる人。努力家『若菜』

←神谷と徐々に進展していく姿がほほえましいです。

 

天然、部員と友達みたいにフレンドリー。監督の『みっちゃん』

←天然パーマーが目印。熱い面も持っている。

 

神谷の兄で、サッカーにすべてをかける兄『けいちゃん』

←とにかくかっこいい。こんなお兄ちゃんが欲しかった。

 

各々のキャラクターがストーリーを持っていて、全員応援したくなります。

 

ライバルとともに戦う真剣勝負、兄と弟の兄弟関係、ヒロインとの恋愛

何かに一生懸命になる喜びと苦悩、仲間との友情。

 

高校生活の青春をこれでもか、というほど詰め込んだ物語になっています。

 

ちなみにこの本は2007年の本屋大賞にも選ばれていました。

 

 

この年に一位を記録しただけではなく

歴代でも3位の得点をたたき出しています。

本屋大賞=全国の本屋店員による読んでほしい本のランキング

 

 

 

 

 

 

だらだらと色々なことを言いましたが、言いたいことは一つだけです。

 

 

 

 

これより最高な本を読んだことがないです。

 

 

 

 

最後に主人公のセリフを残していこうと思います。

『この6レーンは俺のものんだ。』

『このホームストレートは俺のもんだ。』

『全員が全力で走る決勝だけが真のレースだとみっちゃんは言った。』

『ファイナリストとはかっこいいだけの言葉じゃない』

『それは真の戦いをする選手だけが得られる称号なのだ。』

*漫画5巻抜粋

 

 

本当におすすめなのでご検討のほどを(・ω・)ノ

 

またおすすめの本があれば僕にも教えてください~。

 

 

 

 

大学生はなぜ勉強しないのか?

大学生と聞けば何を思い浮かべるでしょうか?

 

大学生の本分は、勉強です。しかし、僕たちの勉強時間というのは非常に少ない。

 

1年の3分の1以上が休みである大学生は暇を持て余しているので

 

サークル、アルバイト、部活動、飲み会などなどに時間を費やします。

 

…といいつつも

僕も暇を持て余し、こうしてブログを書いていますが(笑)

 

実は、大学生の一日の勉強時間は平均1時間にも満たないそうです( ゚Д゚)

 

これは世界的に見て変わっていることだそう。

 

アメリカの大学生と日本の大学を比べてみるとよく分かります!

 

 

0a2751ca

(出典:http://toyokeizai.net/articles/-/13446)

 

 

 

……。

 

 

 

 

えぇぇぇぇ( 一一)

お分かりですか?アメリカと日本の大学生の勉強時間の差が強烈ですね。笑

 

ではなぜ日本の大学生はこれほど勉強しないのか。

 

僕なりに2つの理由を考えてみました。

 

 

1.勉強以外の誘惑が多いΣ(・ω・ノ)ノ

 

大学生になって、アルバイトをしない人はいないでしょう。

 

今まで両親からもらったおこずかいでやり繰りしていたことが

自由に使えるお金が多くなります。

月に10万以上稼いでくる強者もいます!

 

すると遊びにいくことが多くなり、勉強しなくなります.

 

また僕の場合下宿をしており、自分ですべてを決めることができます。

 

つい、テレビを見ていたり、本を読んでいたりして、気が付いたら

深夜三時になっていたことが何度もあります。

 

次の日、一時間目に授業があるときは泣きそうです(´・ω・`)

自業自得なんですけどね、ついつい夜更かししてしまいます、

 

目の前の誘惑に負けず、勉強するのは至難の業です(笑)

 

大学生は人生の夏休みだと言われているのは納得ですね。

 

 

 2.大学生のゴール設定が就職であり、明確な目的がない。

 

大学生になるまでは、日本の高校生はそれなりに勉強します。

 

「この大学にはいるんだ。大学でこれを学びたい。」という強い意志をもっていました。

 

しかし、大学に入ってしまうと、そんな熱い投闘志は消えてしまい、誘惑にまけて遊んでしまいます。

 

これを燃え尽き症候群といいます(笑)

 

なぜなら僕たちは大学に入って勉強する目的を見失いがちになります。

 

高校のときは大学入試という明確な目的がありました。

 

大学時代では、そのような目的はなく、目の前の楽しいことに夢中になってしまうことが多いです。(バイト、サークル、夜更かし、旅行などなど)

 

最終的に就職というゴールはありますが学校の成績はそれほど活用されない。

 

自分でなんのために勉強するのかという目的を設定する必要があります。

 

さて、なにはともあれ、言うが易し行うが難し。

 

テスト勉強をがんばってこようΣ(・ω・ノ)ノ

読まなきゃ損!本当に面白い漫画『5選』

 

趣味は漫画を読むことですΣ(・ω・ノ)ノ

 ぴーにゃんです!

 

最近は暑すぎて、昨日スーパーから

アイスを買い占めてきました☝

 

これを読めばますます熱くなれるという

最高に面白いおすすめ漫画を紹介します!(笑)

 

 

数ある漫画の中から僕が個人的に選び抜いた5個の漫画を紹介☆

ぜひぜひご検討を~~

 

5位  ヒカルの碁

 

   

 

少年ジャンプを代表する、隠れた名作Σ(・ω・ノ)ノと思っています。

 

 なんといってもストーリーと世界観が素晴らしい。

 

平安時代の碁打ち『藤原のsai』が、現世に復活し、主人公とともに

碁を打っていくというストーリー。

 

主人公が碁の楽しさと情熱を感じて、真剣勝負の中で成長していく姿に

 

引き込まれて夢中になって読んでしまう。

 

碁を知らない人にこそ読んでほしい。おすすめすぎる。

 

 

 

4位  バトルスタディーズ 

 

モーニングで連載中で、5巻まで発売されている。

 

世の中に野球漫画はたくさんあるが、この漫画ほど刺激的で

エキサイティングな野球漫画は初めてだΣ(・ω・ノ)ノ

 

PL学園をご存じだろうか?

暴力沙汰で廃部になってしまったが、非常に有名な野球部が存在する。

 

それを元にした実話で、実際PL学園を卒業した人が書いている。

ユーモア、笑い、情熱、野球一筋、甲子園、おもろい、

このワードに引っかかる方にはぜひぜひ読んでほしいです。

 

 

3位  キングダム

 

 

説明不要。大人気漫画Σ(・ω・ノ)ノ!

最近はキングダム芸人が有名になり、うなぎのぼりのキングダム。

 

春秋戦国時代の『秦』が中華を統一していくストーリー☆

 

世界感の大きさにドップリ浸かって、40巻一気読みできてしまう(笑)

 

キャラクターが個性的で、最高に熱い武将達が

僕たちに火をつけてくれること間違いなし!!

 

 

 

 

2位  鋼の錬金術師

 

 

 物語は錬金術が可能な時代。

兄『エドワード』と弟『アルフォンス』は母親を生きかえらせようとして

 錬金術における禁術『人体錬成』を行った。

 

兄『エドワード』は片腕を、弟『アルフォンス』は体を失い、鎧の姿に。

 

二人が体を取り戻そうとして、世界を旅するお話Σ(・ω・ノ)ノ!

 

戦闘シーンが非常に面白く、読み老けてしまう。

 

本当におすすめなのでこれを読まないと損します。笑

 

 

 

1位  BAKUMAN(バクマン)

デスノートの作者『小畑 健』が描く、全20巻の漫画家漫画。

 

暇を持て余した画力の天才、主人公『ましろ』と

学年トップの秀才『シュージン』の二人の中学生が漫画家を目指す。

 

人生をかけた漫画家になる成長過程を描いた、青春ストーリー。

 

読めば、血が騒ぎ、体温が二度ほど上昇することだろうΣ(・ω・ノ)ノ

 

また主人公の恋人『あずき』は声優を目指し、

二人の夢『漫画家と声優』が叶ったら結婚する約束をする。

 

恋愛を楽しみ、熱い男の友情を感じ、

夢に向かって努力する喜びと苦悩をあじわえる。

 

一位にふさわしい最高ストーリーにいざ参らん!